第二回

田中大介歯科医院でおこなっている15のコロナ対策

2度目の緊急事態宣言が発令され、新年早々不安な日々が続いておりますが、いづれ緊急事態宣言が全国拡大することも十分に考えられます。
当院では大切な患者さまとスタッフを守るため、15の取り組みをおこなっております。

  1. オゾン発生機(空気中のウイルスを不活化する)を診療室と待合室に設置。
  2. 口腔外バキュームの使用。(治療時に発生する目に見えない細かい粉塵まで吸引する)
  3. スタッフのマスクと医療用手袋の着用。
  4. 非接触型体温計による検温。
  5. 患者様ごとにエプロンを交換、コップは使い捨てのものを使用。
  6. 治療器具は全て患者様ごとに交換し、消毒滅菌。
  7. 診療台や操作パネルなどの消毒。
  8. 治療前にうがい薬でうがいを実施。待合室にもうがい薬を設置。
  9. スタッフの頻繁な手洗いと手指の消毒。
  10. 受付での飛沫防止用ビニルカーテン設置。
  11. 定期的な換気。
  12. プラズマクラスター空気清浄機を診療室と待合室に設置。
  13. ナノイー加湿空気清浄機の設置。
  14. 玄関、待合室の消毒液設置。
  15. ドアノブ、取っ手、手すり、待合室ソファの消毒。

引き続き、来院される患者さまには以下のご協力をお願いしております。
・マスク着用
・手指の消毒、診療前のうがい
・咳エチケット
・検温※37.5度以上の場合、ご帰宅をお願いしております。
・間隔を空けての着席

密を避けるため、来院の際にはお電話をお願いします。また混雑時は車内でお待ちいただく場合がございます。(入室の際にはスタッフから携帯電話へご連絡いたします。)

不安が拭いきれない時期ではありますが徹底した感染対策をおこなっておりますので安心してご来院ください。

コラム一覧に戻る